ABOUT

*English below Japanese

1979年、富山県に生まれる。多摩美術大学を卒業。大学でガラス造形を学んだことにより、継続的に扱っている石膏とガラスの組み合わせによる現在のスタイルが確立された。ガラスを石膏で埋めて、それらの光や形、テクスチャーに注目させるミニマルな作品だ。2006年の個展・グループ展の後、約5年半の充電期間を経て制作を再開する。作品は、以前からモチーフにしている自然・空・街が頻繁に登場する。だが、彼女の日常を辿っていたような作品からは変化し、制作を再開した彼女の目に映った景色や風景、空は以前のそれとは違う。その彼方には日々めまぐるしく動く世界に繋がっている。世界が窮屈に感じる現代において「真実」はその価値を失いつつあるが、「真実はどこか、何なのか」を問い続け、彼女はその問いを形にしている。そして、石膏やガラス以外にも、インク、墨、ワイヤーなどを用いて陰影を出し彼女の世界観を生み出していく。升方允子の作品に一貫して見られる、不完全で抽象的な表現は彼女自身の心象風景が織りなす世界観であり、自然や生命の儚さ、そして不確定な現代社会そのものである。また、私たちが接している既存価値から解放された物事への多面的な眼差しである。

English

Masako Masukata was born in Toyama Prefecture. Her study of glass molding techniques at Tama Art University in Tokyo helped her to develop her signature style of combining plaster with glass: by embedding the glass into the plaster, she creates minimalist works that draw attention to the sheen, shape, and texture of each medium.

Following solo and group exhibitions in 2006, Masako took a five-year hiatus before beginning to create again. Nature, sky, and city—among her favorite motifs—make frequent appearances in this new work, but rather than attempt to map the circumstances of her daily life, these pieces confront an altogether different landscape and atmosphere by reaching out into the mayhem of the world. These days, when simply being alive can feel claustrophobic, “truth” has begun to lose its meaning. Nevertheless, Masako continues to seek out truth and question what it means. These questions are what gives her work its shape.

In addition to glass, Masako employs ink, India ink, and wire to give her work shadow and establish her particular world view. Consistently, her work offers us an incomplete and abstract vision of the inner landscape of her mind, of the transience of life and nature, and of the uncertainties of modern society itself, while also serving as a multifaceted glimpse of how things look once liberated from our familiar system of values.

_

  • Education

2002       多摩美術大学美術学部工芸学科ガラス専攻卒業< BA, Department of crafts glass course, Tama Art University, Tokyo Japan>

  • Solo Exhibition

2006    「Monsoon モンスーン」 青樺画廊, 銀座, 東京

2003    「Nests 巣 2002 – 2003 」 青樺画廊, 銀座, 東京

 
  • Selected Group Exhibition

2018 川辺彩乃・升方允子二人展, ART FOR THOUGHT GALLERY, 銀座, 東京

   JCAT Exhibition Summer 2018 “WE”, PLEIADES GALLERY, Chelsea, NY, US

 

2017    わたなべ けい・升方允子二人展,ART FOR THOUGHT GALLERY, 銀座, 東京

 

2016    New Year Selection 2016 ,GALLERY ART POINT, 銀座, 東京

              Move Exhibition in Berlin, KUNSTGALERIE PRINZ, Berlin, Germany

              女性作家4人展 縁涼み,ART FOR THOUGHT GALLERY, 銀座, 東京

              LIFE; Japanese contemporary arts & crafts, NOHO M55 Gallery, Chelsea, NY, US

              Art of Giving 展, MDP GALLERY, 中目黒, 東京

 

2015     Four Mixed Media 2015, GALLERY ART POINT, 銀座, 東京

   Suwon Hotel Art Fair, Hotel Novotel Ambassador Suwon, Suwon, Korea

   Move Exhibition in Berlin, KUNSTGALERIE PRINZ, Berlin, Germany

 

2014    New Year Selection 2014, GALLERY ART POINT, 銀座, 東京

 

2012    Abstraction -現代抽象作家 8人展-, GALLERY ART POINT, 銀座, 東京

             Contemporary abstract artists [よ・み・と・く], The Artcomplex Center of Tokyo, 四谷, 東京

 

2006    glass color, Promo-arte Gallery, 青山, 東京

 

2004    涼を誘う アート&クラフト, 城端織館, 富山 城端町

              かたち展, ハーフムーン, 富山 朝日町

 

2003    風のクラフト展, ギャラリー翠華堂, 富山 八尾

             かたち展, ハーフムーン, 富山 朝日町

 

2002    多摩美術大学工芸学科卒業制作展 [陶, ガラス, 金属]  スパイラルガーデン, 青山, 東京

              DISCOVERY 2002, KEY Gallery, 銀座, 東京